バスケットボール

【新潟バスケ】ブログのタイトルと趣旨を変更します

更新日:

突然ですが、ブログのタイトルと趣旨を変更します

当ブログをご覧くださっている皆様、いつも有難う御座います。

「新潟あそブログ」を始めて、早3年4カ月が経ちました。

当時3歳だった息子は6歳になり、来年から小学生です(ランドセルまだの方、お早めに!)

時が経てば環境も変わり、考え方も変化するものです。

変化があるからこそ人生は面白く、また変化に対して、いかに順応していくかで、より楽しく生きていけるものだと思います。

それはこのブログも同じ。

3年前、このブログを始めた時は、「育児を通して再発見した新潟の魅力を私なりに発信したい」という気持ちで始めました。

以降不定期ですが、細々と続けてきました(湯沢旅行編なんか無駄に20記事以上の大作w)

35歳でバスケを引退した理由

少し個人的な話になりますが、私は以前バスケチームに所属してバスケをしていました。

と言っても、プロとかそういうレベルではなく、社会人バスケの一般的なレベルです。

とくに25~35歳までは、家庭を顧みず(週8回とかw)と言っても過言ではないほど、バスケに取り組んできました。

そんな折、結婚することができ、33歳で息子に恵まれ、徐々に家庭第一主義になっていきました。

また35歳のとある試合で「自分のバスケ選手としてのピーク」を感じたことも重なり、35歳で一度引退を決意。

それまで毎週末、バスケの試合や練習が最優先事項として流れていた私と私の家族の時間が、家族と過ごすことが最優先になりました。

それは息子の成長を近くで、じっくりと見守ることができた本当に儚い時間。

もちろん、それはこれからも永遠に続いていきますし、息子、妻、家庭が何よりも大切という価値観は変わりません。

息子にとってしてあげたい事

私が40年生きてきた中で思うことは、やはり「人生」というのは、人とのより良い御縁や繋がりがないと生きていけないものだなということ。

息子には、人とのご縁を感じる人になってほしいと願っています。

それを息子にもきちんと伝えてあげたいけど、今はまだ少し時期が早いかな。

しかし、たくさんの人と接する機会を与えてあげることはできます。

息子が自発的に「何か」に目覚めるまでは、親である私たちが積極的に外の世界に連れ立っていかないといけませんよね。

もともと私の趣味であるバスケなら、大会などになると、たくさんのプレーヤ―が来ますし、子供連れの方も多い。

そういった環境に連れて行くことは、息子のためにもなるのではと思っていましたが、でもそれは別にバスケ以外でも良いなとも考えていました。

キャプテンとの偶然の出会い

そんなことを頭のどこかで考えていたある日、所属しているバスケチーム=ホーネットの、キャプテン=リーダーさんと偶然(地元のドラッグトップスで)会う機会がありました。

それは3年ぶりに会う感じがしないくらい生々しいもので、それ以降、たまに連絡を取るようになり、息子を連れてリーダーさんの家に遊びに行かせてもらったり、数年途絶えていた交流が再び始まりました。

しかしその頃は、まだ私の頭の中には「バスケ復帰」ということは全然考えていませんでした。

そして、家族同士の交流を数回交わした後、リーダーさんとお酒を飲む機会がありました。

近況報告、仕事の話、育児の話、そして酔いも深まり、当時のバスケのことや、誰にも本音で伝えていなかった私が引退したきっかけや、この空白の時に何をし、何を感じていたかを語り合うことができました。

最後のほうはかなり酔っ払っていて(笑)、何を話したかはよく覚えていませんが、ずっと胸の奥にあった痼(しこり)のようなものが取れたような、スーッとした気分を感じました。

こっそり筋トレとシュート練習を再開

リーダーさんとのお酒の席の翌々日(翌日は二日酔いで気持ち悪かったw)、胸の中で燻ぶり始めた「何か」に気づきました。

それはとても懐かしいもので、忘れてしまっていた感覚。

じつは私自身それが意外で、その「何か」が本物かどうかを確かめるために、数年ぶりに筋トレに行くようになり、そして、40歳の誕生日の日に5年ぶりにバスケットコートに立ちました。

その後、その燻ぶりは少しずつ大きくなり、火曜日に休みを取り、北地区体育館にシュート練習し始め、いよいよこれは本物だと確信した頃、それは突然(本当に突然w)やってきました。

7月14日(日)朝、「今日のSリーグ、参加しませんか?」とのLINE。

あまりにもそれは急で、LINEが届いたちょうどその時、家族で朝食を食べていて味噌汁をこぼしそうになるくらいかなりビックリしましたが、「時が来た!(by橋本)」と迷うことなく、町内の用事を済ませ、ユニフォームを鞄に詰め、家を出発。

そして、5年ぶりのバスケ復帰となりました。

当ブログの今後

これからこのブログは、私の新潟バスケライフでの出来事を中心にして、以前からこのブログで書いてきた新潟おでかけ情報や新潟飲食店、育児のこと、趣味の読書や競馬のことも混ざった超雑記ブログにしようと思います。

数年前に書き続けていた「新潟バスケ☆陸日記」を読んだことがある方なら、あんな感じと言えば、イメージがしやすいかと思います。

40歳夏のリスタート。

今後ともどうぞ宜しくお願い致します。







カテゴリー

-バスケットボール

Copyright© 【新潟バスケ】復活!陸日記~OITENAOSAKAN編~ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。