新潟県|お出かけ情報 新潟県|公園・子供の遊び場 新潟県下越|お出かけ情報 新潟県下越|公園・子供の遊び場

【新潟おでかけ情報】笹川流れで海水浴を楽しんできました!|日焼けのケアまとめ

投稿日:

早寝早起き。

夜中の2時半に起きて、ペルセウス座流星群を観た直後にこの記事を書いています。

30分ほど星空を見上げて12、3個見れました。

願い事はただ一つ。

ずっと平和な世の中でありますように。

あ、すいません、もう一つ。

お金持ちになりますようにっ!

ーーーーーーーー

お盆休み真っただ中、多い人では10連休の方もいらっしゃるとか。

私は、ところどころ出勤する日があるものの、お盆期間に計5日休みがあります。

繁忙期で仕事が忙しかった分、家族サービスしたいものですね。

新潟競馬場で水遊びをしに行こう

そんなお盆休みの8月11日(日)

当初は息子と新潟競馬場に遊びに行く予定でした。

ちなみにですが、私が競馬好きということもあり、息子も影響を受け、幼い頃に馬乗りごっこをする時は、三輪車のヘルメットを被り、ゴーグル替わりにサングラスをかけ、鞭がわりにバットを持つという、騎手の真似っ子をして馬乗りをしていました。

さて、夏の新潟開催では、子供遊び広場では水遊びができることを思い出し、水着を持参して家を出発。

写真は昨年夏の新潟競馬場の様子ですが、子供は水遊びが好きですよねぇ。

ただ、水遊びが好きなのは、大人も一緒!

どうせなら、私も水遊びしたいなぁと、ちょっとウズウズしてたのも事実。

そんな事を考えながら、競馬場に向かう途中、どこからともなく不思議な声が。

「こっちにおいで」

なんだか遠くの方から海に呼ばれたような気がしました。

もう少しで、競馬場インター。

今日も「万馬券とったるでー!」と鼻息を荒くした瞬間、

「早く、こっちに、お・い・で♡」

あぁ、ハッキリと聞こえる。

ビキニギャルが、いや、海が私を呼んでいる。

降りるはずだった競馬場インターを通過。

息子「あれ!?競馬場は?」

私「息子よ。今日はビキニ、いや、海が呼んでいるぞ。海に行くぞ!!!」

息子「やったー!!!」

一路、海へ。

 

海から呼ばれた気がした!笹川流れへ

ウ~ウゥ~ウウ~♪

だから、ハイウェイに乗る前に~♪

と口ずさみながら、聖籠新発田インターチェンジへ。

日本海東北自動車道に乗り、約1時間。

来てしまいました。

笹川流れ。

お盆休みということもあり、普段よりも混んでいましたが、無事に到着。

地元ナンバー半分、県外ナンバー半分といったところでしたね。

笹川流れで遊ぶ時のおススメアイテム「アクアソック」

新潟県には多数の海水浴場があります。

私はその中でも断トツで好きなのが、ここ笹川流れです。

何が良いって、海がキレイ。

なぜキレイなのか、私なりに分析したところ、この笹川流れの波打ち際は、砂よりも石が多いからかなと。

砂よりも重い石がたくさんあることにより波が砂を巻き上げることがなく、濁りの少ないキレイな海岸になっていると思いました(違っていたらごめんなさい)

そのかわり素足で行くと、石を踏むことになるので痛い。

なので笹川流れに行く際は、水中でも履けるアクアソックが必須アイテムです。

ちなみにクロックス等のあれ系のサンダルはあまりおススメできません。

以前私もクロックスで海に入ったのですが、隙間から石が入ってきて痛くなりますし、泳いでいる途中で脱げやすいからです。

石が多い海岸では、やはりアクアソックがおススメでなんですね。

日本百景「笹川流れ」とは

  • 新潟県村上市にある海岸
  • 国の名勝および天然記念物に指定されている地域
  • 日本百景にも選定されている新潟県有数の海岸景勝地
  • 狭義の意味での笹川流れは、鳥越山から狐崎までの全長11キロメートル。その間に無数の奇岩、絶壁、洞穴が連続する
  • 国道345号線(日本海夕日ライン)とJR羽越本線が海岸に並行して走っている

浮き輪でプカプカ 海中探索で楽しみました

息子はまだ6歳なので、海の中をジャバジャバ泳ぐという感じではありません。

波打ち際でキャッキャしたり、貝殻を見つけてきたり、ほのぼの楽しむ感じです。

そして海に入る時は、浮き輪でプカプカ浮いたり、私が息子の浮き輪を引っ張ってちょっと深いところまで行ったり、水中メガネで海の中の魚を探したりしていました。

海に遊びに来た時も、身体を拭くのはもちろん布袋さんのツアーグッズのバスタオルです。

ツアーによって、デザインが異なりますが、やはり王道のこの柄が一番好きですね。

それにしても、自然の中で息子と遊ぶのは良いですね。

心の底から楽しめましたし、心の底から笑いました。

基本、お金がかからないし、競馬場に行くよりも、健全に遊べた気がします。

棒っきれを拾ってくるのは、いつの時代も変わりませんねw

 

「日焼けから72時間が勝負」日焼けのケアを忘れずに

私とお会いした方ならご存知だと思いますが、私、色白です。

メラニン色素が薄く、子供の頃から、夏でも真っ白です。

すなわち、日焼けすると、真っ赤になるタイプで、この記事を書いている今、背中と両肩が最高にヒリヒリしています。

Tシャツがこすれるだけで、痛い状態なので、今この記事は上半身裸で書いています。

この日焼けしてヒリヒリする肌をどうすればケアできるかを調べてみましたので、まとめます。

日焼けは肌のタイプによって症状が異なります「サンバーン」「サンタン」

  • 日焼けには2種類ある「サンバーン」と「サンタン」
  • サンバーンは、皮膚の炎症
  • サンタンは、炎症後の色素沈着
  • 皮膚のタイプによって程度が異なり、色白の人はサンバーンにを起こしやすい
  • サンバーンを起こしやすいタイプの人は、紫外線のダメージを受けやすい

色白の私の場合は、間違いなくサンバーンを起こしています。

そして、紫外線によるダメージが大きいのか、身体の疲労感がいつもより大きい気がします。

日焼けの最初のケアは、とにかく冷やすこと。おススメは氷枕

  • サンバーンは、晴れた夏の昼間に、20分、日光に当たると起きる
  • およそ4時間後に肌がヒリヒリし始め、24時間でピークに達する
  • 日焼けは一種のやけど
  • 最初のケアは、まず冷やすこと
  • 氷が最適なものの、なければ濡らしたタオルを当てるだけでもいい
  • 冷却は当日だけではなく、赤みが落ち着くまで続ける

私は、自宅の冷蔵庫にあった保冷剤を薄手のハンカチで包んで、とくにヒリヒリを感じる両肩や首筋に当てました。

また、夜寝る際は、背中が布団に当たると痛いので、氷枕を背中に当てて冷やしながら横になりました。

この氷枕の効果は絶大で、ヒリヒリしながらも夜はぐっすり寝ることができました。

ヒリヒリする患部に当てるだけで気持ちいいので、氷枕はおススメです。

日焼けのケアでしてはいけないこと

日焼けのケアでしてはいけないことがありますので、気を付けましょう。

  • 冷えピタを貼るのは絶対にダメ
  • 冷えピタを貼ることにより、剥がす時に皮膚も一緒に剥げてしまう可能性がある
  • 皮膚が剥げるとさらに炎症がひどくなる恐れがある
  • 熱い風呂に入るのもダメ
  • アルコールやカフェイン入りの飲料を摂取するのダメ(利尿作用で水分不足になってしまう)

日焼けした後のケア まとめ

日焼けしたら、とにかく冷やす。

当日や翌日は、温めのシャワーで汗を流す。

さらに熱がとれるまで冷やす。

熱がとれたら、化粧水などで保湿を行う。

これでもヒリヒリが取れなくて辛い時は、皮膚科の受信をする。

恐らく、これでバッチリ。

お互い夏を楽しみましょう!

それにしても、なぜ海で食べるポテトチップス系のお菓子は、あんなに美味しいのでしょうか(^^)?







カテゴリー

-新潟県|お出かけ情報, 新潟県|公園・子供の遊び場, 新潟県下越|お出かけ情報, 新潟県下越|公園・子供の遊び場
-

Copyright© 【新潟バスケ】復活!陸日記~OITENAOSAKAN編~ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。