新潟県外|お出かけ情報 新潟県外|旅行

【関東屈指のパワースポット】榛名神社に行ってきました(前編)

更新日:

  1. どうも、お久しぶりです。

前回の記事「うみがたり」が9月14日に入稿でしたので、約2か月ぶりになりますね。

気づけばもう11月。すっかり肌寒くなりました。

私は相変わらず、朝目覚めたら白湯を飲んで、胃腸を温めることから一日をスタートさせています。

白湯と一緒に、新潟伊勢丹で購入したマヌカハニー(マヌカハニー蜂蜜 MGO400+ 250g)を一さじ舐めています。そのお陰なのかな?なんだか日々体調が良いみたい。

じつは、この2か月もう一つのブログの執筆にかかりきりで、こちらの更新がなかなか出来ず、歯がゆい思いをしておりました。ようやく、更新作業が出来るという事で、ちょっとテンション高めで記事を作成しておりますので、よろしくお願いします。

関東屈指のパワースポット【榛名神社】に行ってきました!

先日、関東屈指のパワースポットと言われる【榛名神社(はるなじんじゃ)】に家族で行ってきました。

  • 紅葉が綺麗
  • 新潟市から3時間以内で行ける
  • ちょっとした小旅行を味わえる場所

という条件でリサーチしていたところ、【榛名神社】の情報が目に留まりました。

その時のことを前編・後編に分けて記事にしようと思います。

榛名神社とは

赤城山、妙義山と共に上毛三山の一つとされる榛名山(1391メートル)の神を祀る神社です。

創建は、586年(用明天皇元年)

927年に完成した「延喜式神名帳」という全国の主な神社名を書き上げた古文書に、「上野国十二社(こうずけのくにじゅうにしゃ)」の一つとして載っています。

近年は、著名人が各メディアで紹介するほど関東屈指のパワースポットとして有名です。

 

新潟から榛名神社へのアクセス

新潟市内からのアクセスをご紹介します。

国道17号線で三国峠を越えるルートもありますが、ここは高速道路を利用しましょう。

高速道路を走るとやっぱり楽しみなのは、途中立ち寄るサービスエリアですよね。

どうしてサービスエリアって、あんなに心がウキウキしてしまうのでしょうか?私は大大大好きです。

今回、榛名神社に向かう途中2か所のサービスエリアに寄りました。

休憩スポット① 越後川口サービスエリア

新潟中央から80.9キロ。1時間ちょっとで着く、ちょうど良い休憩スポットです。

越後川口サービスエリアの展望台からの眺め。四季折々の良さがあって、何度見ても飽きない素晴らしい景色です。

下の写真は、うまさぎっしりスタンプを押す息子。

狙うはB賞【有名旅館1泊2日宿泊ペア券】です。

休憩スポット② 赤城高原サービスエリア

新潟中央から183.4キロ。そろそろお腹が空くころ、ここで昼食タイムにしました。

赤城高原サービスエリアは、少し前に改装して建物がとても綺麗になりましたし、地場の高原野菜なども販売しており、とっても活気のあるサービスエリアですよね。

そこで私達は、もつ煮定食を頂きました。

旅の高揚感もあり、めっちゃくちゃ美味しかったです。

昼食後は、ちょっと腹ごなしにサービスエリア内の散歩道をテクテク。

なんとなくクリスマスっぽい感じになってましたよ。

 

榛名神社に向かうルート。おススメは渋川伊香保から

●新潟中央I.C→渋川伊香保I.C
私の車のナビをセットすると、渋川伊香保I.Cで降りていくルートが提示されました。

私たちは、ナビに提示されたルートで行きましたが、日曜日ということもあり途中、伊香保温泉付近が大渋滞。

伊香保温泉手前から伊香保温泉を通過するまで、ゆるい上り坂をノロノロ運転で40分くらい走りました。

途中、有名な伊香保温泉の階段を左手に眺めながら、「ここが石原良純さんがCMで出ていた場所かぁ。ほほう」と車内は盛り上がり、そこを通り過ぎた辺りから、またスイスイと走ることができました。

ちなみに榛名神社は榛名山を登っていくことになるので、ちょっとした峠道を走行します。

写真のように、ヘアピンカーブを曲がりながら坂道を上っていくみたいな個所が何か所があります。

そういった道に慣れていない方でしたら、渋川伊香保I.Cではなく、ちょっと遠回りになりますが、前橋I.Cから降りて向かうほうが良いと思います。

しかし、この山道を登っていく途中に下の写真のような景色を楽しめる高見展望台があり、休憩がてら眺めを楽しんでいる方がたくさんいらっしゃいました。

 

榛名神社に向かう途中、榛名湖を眺めました

榛名神社に向かうまでの道中、峠道のクネクネ道がようやく終わった頃、目の前に湖が見えてきました。

榛名湖です。

写真には写っていないのですが、スワンボートや遊覧船もいたりして、時間があれば乗ってみたかったです。

一同「次は泊まりだな」

 

後編に続く。







カテゴリー

-新潟県外|お出かけ情報, 新潟県外|旅行
-

Copyright© 【新潟バスケ】復活!陸日記~OITENAOSAKAN編~ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。