新潟市|お出かけ情報 新潟市中央区|お出かけ情報 新潟県|お出かけ情報

【新潟おでかけ情報】11階の部屋から新潟花火を観ました|【新潟銭湯】有馬湯に行ってきました

投稿日:

台風のフェーン現象で上越市で40℃超え!

夏真っ盛り。

昨日は台風10号のフェーン現象とはいえ、上越市では40℃超え。

新潟市内、北越製紙工場付近の気温計は、39℃を表示していました。

39℃になると暑さのレベルが違いますね。

立ってるだけでクラクラ、気づけば汗びっしょり。

これだけ汗をかけば、自然に痩せられそうな気がしますが、現実はそうもうまくいかず。

昨日筋トレに行った時、体重計に乗ったら、83.4キロ。

ふえ!?

バスケ復帰した1カ月前が、確か81.4キロ。

なんで2キロ増えてるの?

体感としてはそろそろ80キロを切るくらいなのに。

週1でバスケして、週2で筋トレしているのに、どうしてバスケ復帰する前より増えてるのでしょうか?

汗の臭いを信じて、70キロ台を期待して体重計に乗ったのに、ちょっとがっくり。

妻に言わせれば、この1カ月で見た目は絞れてきているそうなのですが、なぜ?WHY?

と自問自答するまでもなく原因は分かっていました。

私の体重増の原因。

それはズバリこれ↓

チンカチンカのヒャッコイルービー!

これです。

間違いない。

タツヤ調べによると、7月13日から8月14日まで、1日も漏らすことなく、ビールを飲んでいることが判明。

ビールを飲みながら、時にはおかずをたらふく食べ、時にはお菓子を食べ、時には飲んだ後にアイスを食べ。

って、そりゃ太るわ!

タツヤ談「バスケ復帰したら、なんだか毎日が楽しくなって、そしたらつい飲みたくなっちゃって(言い訳」

それにしても80キロ以上あると、さすがに身体が重く感じます。

リバウンドで飛んでも上に伸びる感じがしませんし。

5年ぶりにバスケ復帰して、以前の感じに戻すまで半年くらい時間がかかると思っていましたのですが、さすがにこれはダメ。

ここからもうちょっと、身体づくりに気を付けていこうと思います。

とりあえず、ビールは2日に1回だっ!

 

新潟花火|今年も11階の部屋から鑑賞しました

先週の日曜日、新潟市内で打ち上げれた新潟花火。

あなたはどこで観ましたか?

私たち家族は、知り合いのお宅にお邪魔して、打ち上げ場所から最寄りのマンション11階の部屋から鑑賞させていただきました。

柏崎花火、長岡花火はテレビ鑑賞だったので、今年はじめての生で観る花火。

やはり生は迫力がありますね。

11階から観る花火は、見上げるというよりは、目線の高さで上がっている(本当はもっと高くあがっていますが)感覚です。

近い!

音楽付き花火もばっちり音が聴こえます。

新潟港開港150周年花火の音楽付きスターマイン。

クイーン、ドリカム、パプリカなど曲が流れ、最後はスマップの「世界に一つだけの花」でした。

「世界に一つだけの花」の時、スマップの5人をイメージしてなのか、5色の花火を上げていたところに花火師さんの粋な演出を感じ、目からしょっぱい水が流れていきました。

 

 

新潟花火の前に汗を流すなら「有馬湯」

知り合いの方のマンションにお邪魔して新潟花火を観るのは今年が2回目。

道路が混む前、まだ明るいうちにお邪魔します。

すると花火開始まで時間があります。

帰ったらすぐ寝れるように、今のうちにお風呂に入っておきたい。

そこで、白山神社周辺でお風呂が入れる場所。

私たちはいつも行くのはこちら↓

新潟銭湯の中でも老舗中の老舗「有馬湯」です。

  • 創業 1877年(明治10年)
  • 住所 新潟市中央区白山浦1丁目417
  • 電話 025-266-5288
  • 営業時間 15:00~21:00
  • 定休日 月曜日
  • 駐車場 4台
  • 料金 大人420円 ※8月中は小学生未満は無料
  • ロッカー なし
  • ドライヤー 20円
  • シャンプー、石鹸等 なし
  • タオル なし

イメージ通りの古き良き銭湯。

昔ながらの銭湯なので、番台があり、お母さんが座っています。

その番台のお母さん、たまに男湯側に入ってきて脱衣所のテレビで一緒に甲子園を観ていました(笑)

そのお母さんの前で、お客さんはすべてをさらけ出します。

御常連さんも、あたかもそれが日常の出来事のようにフル〇ンで一緒に甲子園を観ているという、私にとってはある意味、非日常体験。

ちなみに察するところ、お客さんの8割は地元の御常連さん。

ふだん行く日帰り温泉とは雰囲気がガラッと違い、未知なる世界に足を踏み入れる感じがして、かなり楽しかったです。

そんなアットホームな(!?笑)有馬湯ですが、とにかくお湯が熱い!

  • あついふろ
  • ぬるいふろ
  • 泡が出ている緑のフロ

の3種類あるのですが、どれも熱い。

むしろ、「ぬるいふろ」が一番熱かった気さえします(笑)

この日は、息子と海に行った日でもありまして、日焼けしたばかりの私の身体には、どのお湯も悶絶するほど辛かったです。

いやはや、熱湯コマーシャルの気分とはこのこと(押すなよ!いいか、お前ら押すなよ!)

恐らく、この時のお風呂が私の日焼けした肌に大きなダメージを与え、翌日から地獄のヒリヒリが始まったと思われます(自業自得)

新潟花火の日は、有馬湯で汗を流して、11階から花火鑑賞。

来年もこのパターンで新潟花火を楽しもうと思います。







カテゴリー

-新潟市|お出かけ情報, 新潟市中央区|お出かけ情報, 新潟県|お出かけ情報
-

Copyright© 【新潟バスケ】復活!陸日記~OITENAOSAKAN編~ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。