新潟県上越|お出かけ情報

【新潟おでかけ情報】シロイルカに会いに上越市立水族博物館うみがたりに行ってきました【後編】

更新日:

こんにちは。今回は、前の記事の続きで「上越市立水族博物館うみがたり」に行ってきた時のことを書いています。

とっても楽しかったのですが、それにしても、自分が体験したこと・思ったこと・感じたことを、こうやって記事にするのはなかなか難しいものです。

ただ思ったことを、何も考えずにばばばーって書けば楽なのでしょうけど、お忙しい中、せっかく私のブログを読んでくださったあなたにとって少しでも有益な情報源であるためには、どのような言葉を使えばよいのかとか、このブログを通じて、私自身が成長させて頂いています。

いつも読んでくださって、本当に有難う御座います。

シロイルカがお出迎え!うみがたりの順路は3Fから

うみがたりに入場(コンビニ等で前売りでチケットを購入しておくと、すぐ入場できるのでおススメです)すると、係員の方が「こちらのエスカレーターからどうぞ~」と案内してくださいます。

エスカレーターで上がった先は3階。うみがたりの順路は3階から始まります。

その3階に上がってまず目に飛び込んでくるのは、海!海!海!

この写真は、上の地図の「うみがたり大水槽」です。

大水槽の水面とその向こうの日本海が一直線、今まで見たことがないスケールの景色に、息子(5)以上に私(39)が「うわー!!」と叫んでしまいました。

この景色は、「日本海テラス」からガラス越しに見えますが、さらにもっとよく見たい方は、自動ドアから外に出ちゃいましょう。そこは室外と一緒で、海からの風を感じながら「うみがたり大水槽」を眺めることができます。

自分が今、目の前に見下ろしている「うみがたり大水槽」の中には、50種38000点の魚が泳いでいると思うだけで、ちょっとウルっときてしまうのは、年のせいなのか、それとも潮風のせいなのでしょうか、教えてシロイルカ。。。

50種38000点の魚達の見どころは、
・イワシの群泳
・アカシュモクザメ
・コブダイ
・マンボウ
でしょうか。全部に会えるといいですね。

あと、うみがたりがある上越市の上越沖は、寒帯域を回遊するサケと、温帯域を回遊するブリのどちらも見れる海域となっており、その混泳を日本初で行っているのが、このうみがたりとのこです。

目の前にシロイルカ!うみがたり3階「ふれんどプール」

日本海テラスから、うみがたり大水槽とは逆側の自動ドアで外に出ると、水槽が・・・

なんだろう?と思って見ていたら、ふわーっと白い物体が!

シロイルカだ!!!

本当に真っ白、そして可愛い。

人懐っこいのか、人を喜ばせようとしてくれているのか、水槽のガラスのスレスレを泳いでくれたり、とってもサービス精神旺盛でした。

うみがたりイベントスケジュール「シロイルカ レクチャー」

このシロイルカと初対面したうみがたり3階にあるふれんどプールでは、シロイルカ レクチャーが毎日行われています。
・11:00
・15:00
の1日2回見れるらしいのですが、あいにく私達が滞在していたのは、ちょうどこの間の時間帯でした。シロイルカ レクチャーは、次回来館時のお楽しみにとっておこうと思います。

見所が満載!うみがたり2階

3階ふれんどプールで、シロイルカに会えただけで胸がいっぱいになり、もう帰ってもいいくらいの満足度に達した私を待ち受けていたのは、(月並みな言い方ですが)驚きと興奮の連続の2階でした。

2階の主な見どころ
・いか、たこベース
・しんかいワールド
・くらげギャラリー
・ふれんどプール
・イルカホール

圧巻のイワシの群泳!うみがたり2階 うみがたり大水槽

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3階の日本海テラスで見下ろした「うみがたり大水槽」の中です。

まず目に飛び込んできたのは、イワシの群泳です。凄い数。

5歳の息子は、イワシを見ながら「1、2、3、4・・・うわー分かんないよ!」と数を数えようとしていたのか、なにやら吠えていました(笑)

それにしても、本当に綺麗です。スキューバ等未経験の私ですが、海の中を泳ぐって、こんな気分なのかな?とちょっと思いました。

写真撮影スポット!うみがたり2階 うみがたりチューブ

順路通りに行くと、パット見て直感で「ここは写真撮影スポットだ!」と思ったのがこちら↓

うみがたりチューブです。

足元にも魚が泳いでいて、うみがたり大水槽の中にいるような感覚。

余談ですが、このうみがたりチューブの入り口の形が、どことなく関越道の関越トンネルに似ているな~と思ったのは、私だけでしょうか?(ちなみに、関越トンネルの設計は、柳宗理氏)

シロイルカがもっと目の前に!うみがたり2階ふれんどプール

3階で、夢グループの宣伝文句のごとく「感動で涙が止まらない」状態の私達が、2階で一番ときめいたのが、シロイルカが泳ぐふれんどプールです。

3階で見るより、全体の姿が見れるし、水槽のガラス側に寄ってくれる頻度が高く、まわりのお客さんは「わーきゃーわーきゃー」状態でした。あ、もちろん私(39)も。

2階のふれんどプールの脇に、シロイルカの説明が書いてありましたが、体長が5メートルもあるのにはビックリしました。

凄いですね、5メートルですよ。比較対象として挙げますが、大人のバスケットボールのリングの高さが3メートル5センチですからね。シロイルカの体長は、そのバスケのゴールよりもさらに2メートルも上なんですよ。いやぁ、凄いですねぇ。

マゼランペンギンの飼育数世界一!うみがたり2階 マゼランペンギンミュージアム

順路で2階最後の場所が、ママが一番楽しみにしていたスポット、マゼランペンギンミュージアムです。

うみがたりでは、本当に手の届くほどの近さでペンギンを見ることができます。

もちろん外で飼育されているので、我々も外に出ないといけません。しかし、この日はあいにくの雨風が強い日。行けばどう考えてもずぶ濡れになるのが目に見えています。

しかし、ママは行きました。何も躊躇せず。恐るべしペンギン愛。

ずぶ濡れになりながらも、満点の笑顔でペンギンに何かを語り掛けるママ(風が強くて聞き取れない)

そんなママがたまらなく面白かったです。

うみがたりイベント情報「ペンギンフィールディング」

ペンギンフィールディング(簡単に言うとエサやり)は、毎日以下のスケジュールで行われています。
・10:30
・13:30 ※この時間帯だけダイバーが水中で行います
・16:30

うみがたりのお土産は!?うみがたり1階

1階の見所
・マゼランペンギンミュージアム
・タッチングプール
・フィールディングプール
・お土産屋

ペンギンが泳ぐ姿を下から眺める!うみがたり1階 マゼランペンギンミュージアム

1階に降りると、マゼランペンギンミュージアムのちょうど下になっており、泳ぐペンギンを下から眺めることができます。

人生で初めて下からペンギンが泳ぐ姿を見ましたが、これも可愛いものですね。

そして、この光景がまたママの萌え萌えポイントだったらしく、「萌え~、萌え~」って言ってて面白かったです。

そう言えば、うみがたりで飼育されているマゼランペンギンですが、その数約120羽。これは飼育数として世界一とのことです。凄いですね。

この後、雨風がさらに強くなってしまったので、
・タッチングプール
・フィールディングプール
の2つはガラス越しにした眺めることができませんでしたので、それはまた次回の楽しみにしておこうと思います。

うみがたりのお土産は・・・!?

うみがたり最後のお楽しみポイントは、何といってもお土産選びですよね。

リニューアルオープンしてまだ3か月弱ということもあり、今回の館内で一番込み合っていたのがお土産屋さんでした。

とにかく人、人、人でぎゅうぎゅう。特に、お菓子エリアは吟味するのもままならないくらいでした。

そんな人にもみくちゃになりながら、購入した唯一のお土産がこちら↓

シーバトロンNextです。

トランスフォーマーみたいに、魚からロボに変形できるみたいです。

ペンギンやイルカの可愛いぬいぐるみではなく、これを選ぶあたり、5歳男児っぽいなぁと思いました。

ちなにみ、帰りの車内で判明したのですが、このシーバトロン、

イルカかと思っていたら、サメでした(笑)







カテゴリー

-新潟県上越|お出かけ情報
-, , ,

Copyright© 【新潟バスケ】復活!陸日記~OITENAOSAKAN編~ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。