育児ネタ

【育児ネタ】4歳の息子の疑問「どうして、太陽ってあるの?」

更新日:

4歳の息子とドライブしていた時のこと。

それまでずっと曇り空だったのですが、晴れ間が射してきたので、「ほら、お日様が出てきたよ!」と息子に教えてあげました。

すると、息子が、

どうして、太陽ってあるの?

何のために、お月様ってあるの?

あと、何で地球ってあるの?

どうして、どうしてー?

と、聞いてきました。

むむむ、なかなか高度な質問。

質問が深すぎて、パッと答えられない私。

そこで、ちょっと調べてみました。

⚫️太陽

  • 46億年前に誕生
  • 地球からは、149600000キロ離れている
  • 銀河系の恒星の一つで、地球を含む太陽系の物理的中心
  • 半径70万キロで、地球の109倍の大きさ(!)

⚫️月 

  • 45億5000万年前に誕生
  • 地球唯一の衛星
  • 太陽の次に明るく、白く光って見えるが、これは太陽光を反射したもの
  • 月の誕生には3つ説があるみたいで、
  1. 親子説→地球の一部が飛び出して月になった説
  2. 兄弟説→同じガスの塊から同時に誕生した説
  3. 他人説→別の場所で形成されて、偶然接近し、月が地球の引力により衛星となった説

⚫️地球

  • 45億4000万年前に誕生
  • 太陽光の中で唯一生命体が確認されている星

太陽が存在しなかったら、地球では生命が活動することはできず、気の遠くなるような遥か昔に、物凄い数の偶然と偶然が重なり合って、今、我々はこうして生活しているのですよね。

うーん、ますます息子の質問に対する答えが見つからない。

けど、息子の質問からひとつ気付きを得ることができました。

それは、、、

太陽の誕生も、地球の誕生も、きっと、もともとが意味のないこと。しかしながらも、こうして息子や妻や仲間達と、何かしらの「縁」があって、その中で「繋がり」を感じながら生きている現実がある。それならば、今、宇宙から与えられている世界を「楽しまないと損」だな、「楽しんだもの勝ち」だなということに気づきました。

なので、息子には、

太陽や地球がどうしてあるかはパパには分からないけど、その中で今、一緒に過ごせるのは奇跡なんだ。だから、今日も明日もずっと、パパやママとお友達と、たくさん遊んで、たくさん楽しんで、いっぱい笑おうね、とお話しました。

意味が分かったのか、どうなのか、

息子は「はーーーい!」とお返事をしてました(笑)







カテゴリー

-育児ネタ
-

Copyright© 【新潟バスケ】復活!陸日記~OITENAOSAKAN編~ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。